2007年01月27日

デート

サラだよヤギ
あのねっ 今日ねっ
aiちゃん&一時預かりで仮姉妹してる苺ちゃん&aiちゃんのお友達とで代々木公園にデートしてきたの〜揺れるハート

070127.JPG

aiちゃんにいっぱい熱い視線送っちゃったぁー(長音記号2)黒ハート
そしたらね、aiちゃんのお友達がしっかり写真撮ったって
いうんだもの、照れちゃうなぁ顔(メロメロ)

表参道でお爪カットして、その後お洋服ブティックプレゼントしてくれたの。
春先のお洋服だっていうから、春になったらお披露目しちゃうねヤギ




ニックネーム aichan at 23:56| Comment(0) | by サラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

マイクロチップ

070117.JPG

CATNAPの保護犬猫
全頭、マイクロチップ装着となりました。


<以下、CATNAP代表のBLOGより抜粋>

周知が遅れておりましたが、昨年12月から、当会の保護犬猫は、全頭、マイクロチップを装着することを会の方針として決定いたしました。

 昨年1月から、中型犬・大型犬は全頭、また、小型犬でも里親様からのご希望があった場合、チップ装着費用の半額(2500円前後)を会で負担し、装着に努めてまいりましたが、個体識別として有効であるチップ装着を全頭に実施することにより、全国的に保健所や警察、動物病院にチップリーダー(読取機)が設置され、1匹でも多くの子が、万が一、迷子や盗難に遭った際に、無事におうちに帰れることの手段の一つとなれば・・・と願ってのことです。

 まだまだ、全国的に普及はしていませんが、チップを装着する個体が増えていけば、チップリーダーの普及、施術病院の増加にも繋がるのではと期待しています。



 里親様には、チップ装着費用の半額(2500円前後)のご負担+登録手数料1000円を医療費一部ご負担に併せてお願いすることになりますが、何卒、ご理解いただきますようお願い致します。
 犬については全頭、猫については、生後4ヶ月以上の猫を目安に、トライアル前までに、マイクロチップを装着します。


 ※参考ページ
  ・マイクロチップってどんなもの?  
  ・マイクロチップのすすめ   


 当然ながら、マイクロチップは個体識別の方法の一つであって、これだけでOKというものではない。
 普段から、首輪に迷子札・犬鑑札の装着をしっかりとしましょう。
   

 ●AIPOとDSPのマイクロチップ・データベースの統合 2007年1月〜
  AIPO(動物ID普及協議会)とDSP(大日本住友製薬株式会社)が運営する家庭動物等向けデータベースが、2007年1月から統合されました。
  データベース一元化により、照会の利便性が図られます。

   詳細はこちら    



 -----
 全国の保健所で殺処分のための費用は、年間、何億もかかっていることだろう。
 飼主の持込処分の場合は、1頭あたり数百円〜3000円程度の費用を徴収している自治体もあるが、殺処分費用のほとんどが私たちの税金で賄われている。
 マイクロチップのリーダーは、ハンディサイズで3万円ほど。
 各自治体(保健所)には、是非とも導入の検討をして欲しい。
 もちろん、東京都のセンターは導入済み。
 他、関東圏では、神奈川・埼玉・茨城・千葉の一部の保健所で導入しているとのこと。

 皆さんのお住まいの地域の保健所ではどうでしょうか?





ということで、今、一時預かりしている苺ちゃんは、マイクロチップを装着することになります。


我が家のおてんばむすめ、サラヤギは、
昨年2月に我が家に来ましたので、マイクロチップは装着しておりませんが、個人的に前々からマイクロチップの意義について考えてきまして、サラにもマイクロチップを装着しようという考えで今のところおります。

サラは、身軽で機敏がゆえ、万が一という危険性が高い子です。
お散歩中など、予想外の音にびっくりして
おもわずゆるんで持っていたリードが手から離れてしまうほどの
力で急に引かれて走っていってしまったとしたら(これは今のところありませんが)
という万が一にも備えて、
そして、サラが路上で保護された経緯はわかりませんが
元飼い主さんの玄関のドアをするりと抜けて、
飼い主が気づかない静かさで
出て行ってしまって迷子になった可能性もなくはないので
サラにこそマイクロチップが必須なような気がしていました。
ただ、体にどんな影響があるのかっていうところが一番心配で
踏み切れないでいましたが
このたび、CATNAPの保護犬猫に全頭マイクロチップ装着となったことで
安心感がもてました。

まだいつ装着するか決定していませんが
近いうちに考えています四葉



ニックネーム aichan at 23:08| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

hitorigoto

070114-1.JPG
ニックネーム aichan at 22:12| by サラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月12日

紹介するね、苺だよ!

サラだよ〜ヤギ

昨年末から家に来ている苺ちゃんって子がいるんだけど
今日はあたしから紹介するね!

070113.JPG

あたし、実はちょっとやきもち焼いているところ。
だって、あたしより甘え上手でね、あたしが出来ない必殺技のポーズとか持ってるの。

ウサギベビーフェイスウサギってトクよね。。顔(チラッ)
あたしより1つ年上だっていうんだけど
あたしのほうがお姉さんみたいじゃない。
あんなペコスマイル見せられたら
どんな人も恋に落ちちゃうわよ。

すでにaiちゃんの弟とは両思いだっていうから
ほんとまいっちゃうー(長音記号1)
あたしが小悪魔的に落としたパパは取らないでねexclamation×2

苺ちゃんに少しやきもちやいてるあたしだけど
aiちゃんがね「甘えべたでやんちゃなサラがだいちゅきーっ」
って抱きしめてくれるんだ〜揺れるハート
だから良しとしてるのヤギ

今日はあたしと苺ちゃんがお散歩途中でおやつもらったビデオがあるというので公開するネ☆




あたし達、ちょっとこの石のイスにびびってるんだぁ。
だけど、食いしん坊な仮姉妹のあたし達、怖いよりもおやつホネ

「今日は特別ね!」ってお手しなくてもクッキーくれたの。
もううれしくってるんるん
苺ちゃんにもあげてるからズルイっておもったけど
「サラも食べたよね」って言われて。。確かに先に食べたから
何も言えなかったわぁ。
”え?もらってないけど?”って顔してみたんだけどね顔(ペロッ)
aiちゃんにはバレバレだよぉ。


苺ちゃんのお預かり日記
お日様みっけはコチラ⇒


ニックネーム aichan at 23:10| Comment(3) | by サラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

1月6日はチャムの日 サラの日

今日、1月6日は我が家の最初の愛犬であり家族の一員であるポメラニアンの女の子、チャムの命日です。

チャムが我が家に来たときは、私も弟も小学生。
2005年1月6日までの16年と3ヶ月のチャムの犬生とともに
私たちも子供からすっかり大人になり、すべてを共にしてきたチャム。

そんなチャムが老衰で亡くなった2005年の1月6日。
新年が明けて早々のことでした。
最後の遠出は長野のおばあちゃんち。
年末年始、チャムを乗せて車で行きました。行きはわすれもしない大雪でした。

年末から急激に弱ってきているチャムに対して、もう何をすることも出来ず、ただただ神様に奇跡を願い、元気になってほしいと願う年明けとなりました。
ヨッタヨッタと歩くチャムの最後の冒険は、庭先に積もった雪の上を数歩のお散歩とトイレ
ごはんが食べれなくなり、注射器で流動食をむりやり食べさせる。
12月にはいってこの状態ですっかりやせてしまったチャム。

それでも、絶対うちのこだからチャムは絶対元気になると、わけのわからない自信と願いをもっておりました。

チャムの最後のご馳走はハム。

おばあちゃんちで流動食もあまりうけつけないチャムに
大好きなハムを小さくちぎってあげました。
それさえもうけつけなくなっていたチャムですが
この時はほんのすこしだけ食べてくれました。

東京に戻りしばらくして、1月6日の午前中に
チャムの一番好きな父の運転で、大好きな母の腕の中
行きつけの病院へ向かう車中でゆっくりと息を引き取りました。

16歳と3ヶ月。
人間で言うなら、高校一年生になることができました。


↓下の写真は15歳頃のチャムです☆
chamuu.JPG

2005年は我が家はまるでお葬式、といっては大げさかもしれませんが、静まり返り悲しみとさみしさは消えず、ポッカリ穴の開いた状態。
ペットロスという言葉をこの時知りましたが、我が家はペットロスで悲しみの中おりました。


犬はもう飼わない。こんな悲しい苦しい思いは二度としたくないというのが家族一致でした。
なにより犬はチャム以外我が家では認めない今後一生、という暗黙の了解の雰囲気でした。


しかし、チャムが亡くなって私は、悲しみの中にいるだけではいけないのではないか、チャムの死を無駄にしてはいけない、何かを考えさせられるようになるのです。

チャムが亡くなった1年後の命日(1月6日)に、人間の都合なのか不注意なのか理由はわかりませんが、動物愛護センターに収容されることになり、収容期限がすぎて殺処分される運命であった犬の存在を知る。

その子はCATNAPによって殺処分を免れ、新しい里親探しをしていました。(CATNAPのようなレスキューする団体は全国にいくつかあります。catnapはコチラ

チャムは老衰でその犬生を全うし、我が家で愛されて最後も母の腕の中で迎えることができましたが、この子は、チャムの命日と同じ日に、二酸化炭素で窒息死し、1月6日が命日になるところでした。


これだ、と感じるものがありました。
家族に最初話したときは当然反対されましたが、
縁があり、多くの里親希望があった中で我が家の家族になることになったのが、サラヤギです。

我が家に来てからのサラについては、このブログの開始とともにお伝えしている通りです。

サラは推定2〜3歳とのことでしたので、1月6日を誕生日にしました。


1月6日はチャムの命日であり、サラの誕生日。

今年は初めてサラヤギは我が家でその誕生日を迎え、3歳になりましたバースデー


そしてその横には、苺ちゃんという推定4歳のチワワの女の子がおります。

苺ちゃんは先日日記でご紹介しましたが、やはりサラと同じく動物愛護センターに収容、といってもこの子は飼い主が直接持ち込んだ子。。


チャムの死の1年後にサラ、そしてサラの一年後の同じ時期に今度は苺がお星様になってしまうところでした。
けれど、こちらも縁があり、CATNAPがレスキューして命が助かり、我が家で新しい暖かい場所を探すことになりましたかわいい




この時期はチャムを考えさみしくなるのですが、catnapでも胸がつかえる悲しいこともありました。
里親探し中の、マーブル君恵ちゃん
お時間がございましたら、二匹の姿をご覧いただけるとうれしいです。
こんなかわいい子達がいたんだなってことを知っていただけるだけでも、救われます。



さて、2006年にCATNAPで保護した犬猫の数は


 犬 139匹 (すべて東京都・動物愛護相談センターからの引取り)

 猫  35匹 (東京都・動物愛護相談センターからの引取りが32匹、外猫保護が3匹)

-----------

合計 174匹


174匹の命が繋がりました猫(笑)犬(笑)


その中に、サラも入っています。



もし、これから犬や猫を飼おうとしている方、
二匹目、または愛犬の遺伝子を引き継いだ子供を産ませたいと考えている方、ちょっと保護犬にも興味持ってみてはいかがでしょうか!


私自身、チャム以外犬を愛するなんて認めないで生きてきました。
しかし、チャムがいたからこそ、愛することを教えてもらい、それはサラに受け継がれています。
チャムはポメラニアン、サラはチワワ、女の子同士ですが、犬種も性格も遺伝子も違います。しかし不思議なことに、我が家に来た時点でもうどんな子でも愛おしくてたまらなくなります。
そして、他のわんちゃんたちにも目が向けられるようになりました。
だいじなことは、不幸なわんちゃんを増やさないこと。
これ以上人間の都合で無責任に増やす犬猫たちは増えないで欲しいし、モラル向上に努めなくてはいけないと思います。

ペットショップで買うのもわるいことではありません。
チャムはペットショップである意味運命的にあった子です。
詳細はコチラ


だけど私としてはチャムとであって次のステップへむかいました。
ペットショップで売られる子、売れ残った子の現実。悪質ブリーダーの現実。
犠牲になった子達は目に見えて動物愛護センターに収容されてきます。
安易に買える今の日本のシステムとブーム化をあおる風潮は、買う人間側のモラルなどは無視です。なんお制約もなくお金を出せばその日の気分で買うことができ、その気分次第で気軽に買えることで、気軽にポイっとできてしまう人間もいっぱいいるのは悲しいことに現実。


子犬から飼うのもかわいいです。
でも成犬もかわいいですよ!!!
これは本当に驚いたことの一つです。
正直子犬がいいと思います、最初に飼うときは。と私はそういう考えでした。
ところが、どんな子も我が家に来た時点でものすごい感動があり、目が離せず愛おしくてたまらなくなります。

sas.JPG

もし飼える環境であり、飼いたいと思われたら
ペットショップやブリーダさんのかわいいい子犬との出会いと同時に
サラや苺みたいなかわいい成犬との出会いもしてみてください!
強制するつもりは全くないです。
でも、私はサラや苺に出会えて本当に幸せものなので、こんな出会いも知っていただきたいなって思います黒ハート



かわいいCATNAPで里親募集中の犬はコチラ 猫はコチラ

かわいい★全国の里親募集中のリンクはコチラ

そのほかにもたくさんございます犬(足)


ニックネーム aichan at 16:21| Comment(4) | チャム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月01日

あけましておめでとうございます

nengasara.JPG

この場を借りて、
鏡餅皆様に年賀状をお届けいたします鏡餅
動物達にとって、幸せな一年になりますように。。
そして、皆さんが元気で楽しく過ごされますように
ぴかぴか(新しい)


ヤギ2006年は戌年ホネでした。

戌年に我が家の一員になったサラ。
また、個人的なこととして12月29日より
CATNAPでレスキューした保護犬の一時預かりをすることになりました
ぴかぴか(新しい)

29日に滞在先のTさん宅へ保護犬をお迎えに伺い、
新年の幕開けは我が家にて迎えることができました。

本当ならば、クリスマス直前に殺処分される予定にあった子は
今、サラヤギと共に我が家におります。

その子の名前はです黒ハート
saraichigo.JPG

ちゃんの幸せを応援して下さいexclamation×2

ohi-bana.gif




ニックネーム aichan at 23:23| Comment(4) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする