2006年02月24日

幸せへの道のり

サラだよヤギ 私ね、動物愛護センターっていうところで年末年始をすごしたの。それはもう恐ろしい雰囲気で精神的におかしくなりそうだったわ顔(泣)
1月6日の期限日に私の元々の飼い主さんが迎えに来てくれなかったらしいの。。だから私は収容期限切れとなり6日に期限を迎えたワンコやニャンコとともに死んじゃったかもしれなかったんだぁ。
でもねCATNAP「小さな命を救うネットワーク」っていう私みたいな東京都動物愛護相談センターに収容された犬猫の譲渡先団体として認可を受けた団体で、新しい家族を探してくれるところが私に赤い糸の先っぽを結んでくれたのぴかぴか(新しい)

CATNAP、Dorisさんはじめ、活動に参加されている方々の皆様、ありがとうございます。私、幸せだよヤギ

そしてね、私を病院に連れて行ってくれたり車で移動してくれる方などの助けがあって、預かりママのたまびんごママのところにたどり着いたんだぁ家
そしてね、そこには素敵な旦那様もいるし、私の遊び相手になってくれそうなダックスのラッテお嬢様がいたの。
わぁ〜、前のおうちよりもココが好きになりそう!ってすぐ感じた。だって私、年末年始の怖いのがなかったかのような、とっても幸せな1ヶ月を過ごしたからわーい(嬉しい顔)

そしたらね、ここからaiちゃんが登場するんだけど、aiちゃんは私がセンターにいる時、ニューヨーク飛行機っていう所にいたんだって。
でね、かわいいチャムかわいいっていうaiちゃんの妹であったポメラニアンの女の子が2005年の1月6日にお星様になったので、その命日前日に合わせて日本に帰ってきたんだって。命日前日に帰ってきたのは、チャムが生きている最後の日にaiちゃん実は東京を離れていて、最後チャムと一緒にいて上げられなかったら、どうしても2006年の1月5日は渋谷のおうちにいてチャムを想いたかったんだって。

でもね、チャムは最後は幸せだったんだって。お父さんが運転して病院に向かう中、お母さんがおひざに抱いて、そして病院につくまえに、お父さんとお母さんの顔をそれぞれ見たんだって。
大きなため息をついたかと思ったらそのまま静かにお空に上っていったんだってぴかぴか(新しい)
苦しみもだえることもなく、最後はお母さんの腕の中に包まれて、一番大好きなお父さんがすぐ横にいてくれて運転して病院へつれていってくれようとしている中でサヨウナラができたから、とても幸せだったっていってた。

でもaiちゃんはチャムがまさか死ぬとは思わなかったんだって。また元気になってギネスブックにのるほど長寿になるって信じきっていたんだって。
aiちゃんはチャムの様態が12月にいっきに老化現象がすすみあまりごはんも食べずジーッとすることが多くなってきた2004年の年末から、ずっと神様にお願いしていたんだって。

aiちゃんの寿命をチャムにあげてくださいってずっとずっとお願いしていたんだって。だから大丈夫だと思って3日ほど東京を離れる予定だったんだって。でも離れて1日たった朝、お母さんから泣きながら電話があったんだって。そう、ちょうどまだ病院についていない車中から。
aiちゃんは号泣して予定をとりやめて新幹線で渋谷のおうちに急いで帰ってきたんだって。チャムは生きているようにベットに座っていたんだって。そしてまだ温かいんだって。お空に上って6時間ほどたっているのに。
aiちゃんはチャムに声かけれんだけどチャムはなにも答えてはくれなかったんだって。

。。。それから1年後、チャムの命日の1月6日は私の収容期限日だったの。

sara-hogo1.JPG
CATNAPのHPより)


aiちゃんはCATNAPのHPを時々見ていたんだって。aiちゃん、チャムが亡くなってから1年間、もうチャム以外の犬を家族に向かいいれることはないと思っていたんだって。それはお父さんお母さん弟もみんなそうだったんだって。

でもニューヨークっていうところに3ヶ月行っていたらたくさんの犬達犬(笑)と出会ったんだって。そうしたらちょっと変化があって、どんな形でかわからないけど何か犬と関わりたいと思うようになってきたんだって。
そしてそれは偶然だか必然だか、チャムと同じ女の子で1月6日という日に収容期限日=CATNAPに引き取られた記述を見て、私に何か感じたんだって。そして家族で話し合ってCATNAPに里親希望を出してくれたんだ。

aiちゃんは何かSOSわんちゃんの役に立ちたいと考えて、何がaiちゃんに出来るのかを考えた末に、私を家族に迎えるということで犬と関わることを選択したんだって。
そして今、私は縁があったからここにいるんだぁヤギ

品川のおうちで1ヶ月ほど、たまびんごママにお世話してもらって、ラッテへの愛情100%を少し削ってくれて、私に愛情を注いでくれたの四葉
たまびんごママは美人で私とてもうれしかったの。ラッテは私が寂しくて怖い思いをしてから初めてできた友達なの。
女の子同士だし、私がしつこくしても相手してくれたのが楽しかったわ。品川のおうちにずっといても良かったんだよ。でも渋谷のおうちもけっこう良い感じだから、たまびんごママ心配しないでねヤギ黒ハート

新宿のどこかの街で一人さまよい、飼い主はどこいっちゃったの?って泣いていたらセンターにつれていかれちゃったけど、そのおかげでCATNAPに助けられて、たまびんごママに愛情をもらい、これからの一生を幸せにくらしていけるおうちが見つかりました。

皆さん、私と出会ってくれてありがとうわーい(嬉しい顔)

ニックネーム aichan at 22:11| Comment(0) | by サラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント