2007年01月17日

マイクロチップ

070117.JPG

CATNAPの保護犬猫
全頭、マイクロチップ装着となりました。


<以下、CATNAP代表のBLOGより抜粋>

周知が遅れておりましたが、昨年12月から、当会の保護犬猫は、全頭、マイクロチップを装着することを会の方針として決定いたしました。

 昨年1月から、中型犬・大型犬は全頭、また、小型犬でも里親様からのご希望があった場合、チップ装着費用の半額(2500円前後)を会で負担し、装着に努めてまいりましたが、個体識別として有効であるチップ装着を全頭に実施することにより、全国的に保健所や警察、動物病院にチップリーダー(読取機)が設置され、1匹でも多くの子が、万が一、迷子や盗難に遭った際に、無事におうちに帰れることの手段の一つとなれば・・・と願ってのことです。

 まだまだ、全国的に普及はしていませんが、チップを装着する個体が増えていけば、チップリーダーの普及、施術病院の増加にも繋がるのではと期待しています。



 里親様には、チップ装着費用の半額(2500円前後)のご負担+登録手数料1000円を医療費一部ご負担に併せてお願いすることになりますが、何卒、ご理解いただきますようお願い致します。
 犬については全頭、猫については、生後4ヶ月以上の猫を目安に、トライアル前までに、マイクロチップを装着します。


 ※参考ページ
  ・マイクロチップってどんなもの?  
  ・マイクロチップのすすめ   


 当然ながら、マイクロチップは個体識別の方法の一つであって、これだけでOKというものではない。
 普段から、首輪に迷子札・犬鑑札の装着をしっかりとしましょう。
   

 ●AIPOとDSPのマイクロチップ・データベースの統合 2007年1月〜
  AIPO(動物ID普及協議会)とDSP(大日本住友製薬株式会社)が運営する家庭動物等向けデータベースが、2007年1月から統合されました。
  データベース一元化により、照会の利便性が図られます。

   詳細はこちら    



 -----
 全国の保健所で殺処分のための費用は、年間、何億もかかっていることだろう。
 飼主の持込処分の場合は、1頭あたり数百円〜3000円程度の費用を徴収している自治体もあるが、殺処分費用のほとんどが私たちの税金で賄われている。
 マイクロチップのリーダーは、ハンディサイズで3万円ほど。
 各自治体(保健所)には、是非とも導入の検討をして欲しい。
 もちろん、東京都のセンターは導入済み。
 他、関東圏では、神奈川・埼玉・茨城・千葉の一部の保健所で導入しているとのこと。

 皆さんのお住まいの地域の保健所ではどうでしょうか?





ということで、今、一時預かりしている苺ちゃんは、マイクロチップを装着することになります。


我が家のおてんばむすめ、サラヤギは、
昨年2月に我が家に来ましたので、マイクロチップは装着しておりませんが、個人的に前々からマイクロチップの意義について考えてきまして、サラにもマイクロチップを装着しようという考えで今のところおります。

サラは、身軽で機敏がゆえ、万が一という危険性が高い子です。
お散歩中など、予想外の音にびっくりして
おもわずゆるんで持っていたリードが手から離れてしまうほどの
力で急に引かれて走っていってしまったとしたら(これは今のところありませんが)
という万が一にも備えて、
そして、サラが路上で保護された経緯はわかりませんが
元飼い主さんの玄関のドアをするりと抜けて、
飼い主が気づかない静かさで
出て行ってしまって迷子になった可能性もなくはないので
サラにこそマイクロチップが必須なような気がしていました。
ただ、体にどんな影響があるのかっていうところが一番心配で
踏み切れないでいましたが
このたび、CATNAPの保護犬猫に全頭マイクロチップ装着となったことで
安心感がもてました。

まだいつ装着するか決定していませんが
近いうちに考えています四葉



ニックネーム aichan at 23:08| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント